選手、関係者拍子抜け…アギーレ監督 合宿初日はまるで別人

公開日:  更新日:

 アギーレ・ジャパンにとって初めての代表合宿が1日、札幌市内の競技場でスタートした。

 キリンチャレンジカップ(5日・ウルグアイ戦=札幌、9日・ベネズエラ戦=横浜)に向けた合宿には、所属クラブの試合の関係でGK川島、DF長友、酒井宏、MF田中、本田、FW岡崎、柿谷以外の16選手が初日のメニューをこなした。

 冒頭の5分間にピッチ中央でミーティング。それからボールを使ってドリブル、トラップ、パス交換など軽めのメニューが続き、途中で体幹トレーニングが加わった。このほかに縦7メートル、横3メートルのスペースを使って3対3のフットテニスも行われ、約1時間半の練習中には選手の笑い声も聞かれ、和やかなムードで初日の練習が終了した。

「ピッチ上では鬼軍曹と喧伝されたが、この日のアギーレは別人のようだった」とは、現地で取材したサッカージャーナリスト・森雅史氏である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る