全米OP 人気選手相次ぐ敗戦で決勝チケット大幅下落

公開日:  更新日:

 錦織とチリッチで争われた全米オープンの決勝戦チケット。いつもなら完売するものの少々売れ残り、予想外の「安値」だったことも判明した。

 米フォーブス誌(電子版)によると、世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)に同3位のフェデラー(スイス)と、実力と人気を兼ね備えた選手が相次いで準決勝で敗れたため、直後からインターネット公式サイトで売られていた決勝のチケット価格が大幅に下落。準決勝から決勝までの2日間で、およそ14%下落して平均598ドル(約6万3000円)だったという。

 日本では、この日早朝からスポーツバーなどにファンが殺到。テレビも大半のキー局が「1球速報」で錦織の一挙手一投足を追ったが、目の肥えた大勢のファンの足を「会場」に運ぶまでには至らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る