全米OP 人気選手相次ぐ敗戦で決勝チケット大幅下落

公開日:  更新日:

 錦織とチリッチで争われた全米オープンの決勝戦チケット。いつもなら完売するものの少々売れ残り、予想外の「安値」だったことも判明した。

 米フォーブス誌(電子版)によると、世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)に同3位のフェデラー(スイス)と、実力と人気を兼ね備えた選手が相次いで準決勝で敗れたため、直後からインターネット公式サイトで売られていた決勝のチケット価格が大幅に下落。準決勝から決勝までの2日間で、およそ14%下落して平均598ドル(約6万3000円)だったという。

 日本では、この日早朝からスポーツバーなどにファンが殺到。テレビも大半のキー局が「1球速報」で錦織の一挙手一投足を追ったが、目の肥えた大勢のファンの足を「会場」に運ぶまでには至らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る