全米OP 人気選手相次ぐ敗戦で決勝チケット大幅下落

公開日: 更新日:

 錦織とチリッチで争われた全米オープンの決勝戦チケット。いつもなら完売するものの少々売れ残り、予想外の「安値」だったことも判明した。

 米フォーブス誌(電子版)によると、世界ランク1位のジョコビッチ(セルビア)に同3位のフェデラー(スイス)と、実力と人気を兼ね備えた選手が相次いで準決勝で敗れたため、直後からインターネット公式サイトで売られていた決勝のチケット価格が大幅に下落。準決勝から決勝までの2日間で、およそ14%下落して平均598ドル(約6万3000円)だったという。

 日本では、この日早朝からスポーツバーなどにファンが殺到。テレビも大半のキー局が「1球速報」で錦織の一挙手一投足を追ったが、目の肥えた大勢のファンの足を「会場」に運ぶまでには至らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る