日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島エルドレッドが語る「8月不振の原因」とCSへの抱負

 8月下旬から不調で二軍落ちした広島の主砲が、CSに向けて復調の兆しを見せている。9月中旬に一軍に再合流を果たすと、以後は最終戦までの4試合連続安打を含め、16試合で打率.295、4本塁打、13打点をマーク。最終的に37本塁打で本塁打王にも輝いた。7月末までに33本塁打を放ちながら、8月に入った途端に絶不調。一時は、ヒットすら出ない状況に陥った。いったいあの時の不振は何が原因だったのか。本人を直撃した。

――ちょっといいですか?

「なんだ?」

――7月末までは打撃が絶好調も、8月に入ると極度の不振に陥りました。打率は1割にも満たず、二軍落ちも経験。打てる感じがしませんでしたが。

「野球というのは好調、不調があるスポーツだから。こればかりは仕方がない。ただ、今年の夏場はキミの言う通り全くダメだったね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事