広島エルドレッドが語る「8月不振の原因」とCSへの抱負

公開日:  更新日:

 8月下旬から不調で二軍落ちした広島の主砲が、CSに向けて復調の兆しを見せている。9月中旬に一軍に再合流を果たすと、以後は最終戦までの4試合連続安打を含め、16試合で打率.295、4本塁打、13打点をマーク。最終的に37本塁打で本塁打王にも輝いた。7月末までに33本塁打を放ちながら、8月に入った途端に絶不調。一時は、ヒットすら出ない状況に陥った。いったいあの時の不振は何が原因だったのか。本人を直撃した。

――ちょっといいですか?

「なんだ?」

――7月末までは打撃が絶好調も、8月に入ると極度の不振に陥りました。打率は1割にも満たず、二軍落ちも経験。打てる感じがしませんでしたが。

「野球というのは好調、不調があるスポーツだから。こればかりは仕方がない。ただ、今年の夏場はキミの言う通り全くダメだったね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る