広島エルドレッドが語る「8月不振の原因」とCSへの抱負

公開日: 更新日:

 8月下旬から不調で二軍落ちした広島の主砲が、CSに向けて復調の兆しを見せている。9月中旬に一軍に再合流を果たすと、以後は最終戦までの4試合連続安打を含め、16試合で打率.295、4本塁打、13打点をマーク。最終的に37本塁打で本塁打王にも輝いた。7月末までに33本塁打を放ちながら、8月に入った途端に絶不調。一時は、ヒットすら出ない状況に陥った。いったいあの時の不振は何が原因だったのか。本人を直撃した。

――ちょっといいですか?

「なんだ?」

――7月末までは打撃が絶好調も、8月に入ると極度の不振に陥りました。打率は1割にも満たず、二軍落ちも経験。打てる感じがしませんでしたが。

野球というのは好調、不調があるスポーツだから。こればかりは仕方がない。ただ、今年の夏場はキミの言う通り全くダメだったね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る