高校ラグビー決勝 "超高校級WTB"竹山晃暉に足りないモノ

公開日:  更新日:

 超高校級WTBも相手の組織的守備に見せ場すらつくれなかった。御所実(奈良)の竹山晃暉(3年)のことだ。

 7日の高校ラグビー決勝でチームは東福岡(福岡)相手に5-57で大敗。準決勝までの4試合で10トライをマークしていた竹山は相手の厳しいマークにもあって今大会初めてノートライに終わった。

 高校日本代表候補に名を連ね、昨夏のユース五輪(中国・南京)代表にも選ばれた日本ラグビー界期待のトライゲッター。50メートル6秒0の俊足を生かした華麗なステップは「10年にひとりの逸材」と評される。

 東京五輪では日本代表のエースとして期待されるものの、世界を相手に戦うには物足りない。身長176センチと上背がないうえに、相手につかまった時の突破力に欠けるからだ。

 ラグビーの強豪国には身長190センチを超える大型でスピードのあるBKは珍しくない。竹山が相手の大型BKと1対1になれば、簡単に抑え込まれたり、ディフェンスではあっさりと振り切られるのは必至だ。10年にひとりの逸材も課題は多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る