現場復帰の足掛かり?「万年候補」古田敦也氏の野球殿堂入り

公開日:  更新日:

「まさかこのようなところに入れるとは……」

 23日に発表された野球殿堂入り。プレーヤー表彰でただひとり選出された元ヤクルトの古田敦也氏(49)はこう言って恐縮した。謙遜だろう。

 強肩強打と頭脳的リードで5度のリーグ優勝、4度の日本一を達成し、ヤクルトの黄金時代をつくった功績は誰もが認めるところ。04年の球界再編騒動の際には「戦う選手会長」としても名を馳せ、05年には2000本安打を達成。プレーヤーとしては、およそ考えられるすべてを手にした。

「心残りは、06年から選手兼任としてヤクルトを率いた2年間の監督生活でしょう。1年目3位、2年目は屈辱の最下位。一気に評価を落として退団した。チームづくりを巡って球団と対立した影響で古巣とはすっかり疎遠になり、復帰の目はないともっぱらですから」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る