現場復帰の足掛かり?「万年候補」古田敦也氏の野球殿堂入り

公開日: 更新日:

「まさかこのようなところに入れるとは……」

 23日に発表された野球殿堂入り。プレーヤー表彰でただひとり選出された元ヤクルト古田敦也氏(49)はこう言って恐縮した。謙遜だろう。

 強肩強打と頭脳的リードで5度のリーグ優勝、4度の日本一を達成し、ヤクルトの黄金時代をつくった功績は誰もが認めるところ。04年の球界再編騒動の際には「戦う選手会長」としても名を馳せ、05年には2000本安打を達成。プレーヤーとしては、およそ考えられるすべてを手にした。

「心残りは、06年から選手兼任としてヤクルトを率いた2年間の監督生活でしょう。1年目3位、2年目は屈辱の最下位。一気に評価を落として退団した。チームづくりを巡って球団と対立した影響で古巣とはすっかり疎遠になり、復帰の目はないともっぱらですから」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る