• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第16回>「協会は伏魔殿どころか北朝鮮」

「うかつに内緒話もできない……」

 ある協会職員がボヤいているという。

 どんな職場にだって、執行部や上役に対する批判や悪口の類いはゴロゴロしている。昼休みになるやいなや、上司がその場にいないのを確認したうえで、隣の同僚に「ホント、まいるよ……」などとグチをコボしたり、幹部をチクリとやるケースは珍しくない。

 相撲協会もしかり。なにしろ、かつてはラブホテルの領収書を経費として処理できた組織だし、業者との癒着のウワサが絶えない人もいる。通常の感覚をもった社会人であれば、あまりのいい加減さに文句のひとつも言いたくなるところ。冒頭の職員にしてもそうだ。

 しかし、相撲協会の現体制は、ちまたにある企業や団体とは異なる。北の湖理事長と裏金を受け取った件の顧問の2人が牛耳る執行部に対する批判や陰口は決して許されない。面と向かっての意見や批判はもってのほかどころか、密室の中でしゃべったことすら執行部に筒抜けになっていて、エラい目にあうケースもあるとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る