<第16回>「協会は伏魔殿どころか北朝鮮」

公開日:  更新日:

「うかつに内緒話もできない……」

 ある協会職員がボヤいているという。

 どんな職場にだって、執行部や上役に対する批判や悪口の類いはゴロゴロしている。昼休みになるやいなや、上司がその場にいないのを確認したうえで、隣の同僚に「ホント、まいるよ……」などとグチをコボしたり、幹部をチクリとやるケースは珍しくない。

 相撲協会もしかり。なにしろ、かつてはラブホテルの領収書を経費として処理できた組織だし、業者との癒着のウワサが絶えない人もいる。通常の感覚をもった社会人であれば、あまりのいい加減さに文句のひとつも言いたくなるところ。冒頭の職員にしてもそうだ。

 しかし、相撲協会の現体制は、ちまたにある企業や団体とは異なる。北の湖理事長と裏金を受け取った件の顧問の2人が牛耳る執行部に対する批判や陰口は決して許されない。面と向かっての意見や批判はもってのほかどころか、密室の中でしゃべったことすら執行部に筒抜けになっていて、エラい目にあうケースもあるとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る