元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

挑むような目をした記者とカメラマンに恐怖を感じました

公開日: 更新日:

 取材攻勢から逃れるために、知人を頼って1カ月ほど滋賀県に「雲隠れ」したこともありました。本当はその滋賀の施設で1年間練習を続けて翌年のドラフトを待つつもりだったのですが、バッシングが一向に収まらない。いずれ滋賀の滞在先も突き止められる。ハワイへの野球留学を決めたのは、マスコミから解放されたい、彼らのいる日本から逃げ出したい、ひとりになりたい、その一心だったのです。

 小中学校のときに在籍したボーイズリーグ「ジュニアホークス」で会長を務められている、元南海監督の穴吹義雄さんにハワイ留学の道を紹介されたときには、「行きます。行かせてください」と二つ返事でお願いしました。

 それまでに行ったこともない海外で、ひとりで生活する。それがどれだけ大変なことかと考えもしませんでした。

 実際にハワイに行ってすぐに後悔しましたね。情けない話ですが、毎晩、星空を見ながら泣いていました。(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  5. 5

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  10. 10

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る