• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東アジア杯は「2戦で2点」 代表FW5人を釜本氏が辛口採点

 両チームとも「どっちもどっち」。東アジア杯の日本-韓国戦(5日)は見どころの少ない試合だった。

 韓国は前線に屈強なFWを置き、そこにボールを入れていく。時折、サイドに展開して攻めていく。いかにも韓国的なサッカーだった。ここ数年来、個々の技術に関しては、進歩しているという印象は受けなかった。

 日本の場合は、どの選手も「帯に短し、たすきに長し」。スタメンを誰にするのか、どのタイミングで交代選手を送り出すのか、ハリルホジッチ監督も、かなり苦心惨憺しているんじゃないかな。

 その指揮官が「準備期間が短い。初戦(2日の北朝鮮戦)の前日しかトレーニングができなかった」と問題提起していたようだね。ボクたちの時代も、集合して2、3日で試合というスケジュールが多かった。いつの世にも、国内リーグとの兼ね合いがあり、代表チームには、準備不足という問題がつきまとう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る