滝川二高・山本真史監督が語る「高校生気質」と「指導方針」

公開日:  更新日:

 9日に出場する滝川二(兵庫)は春季大会を部員の不祥事で辞退。「賭けトランプ」「カード賭博」が原因と報じられた。指揮を執る山本真史監督(56)は同校を99年春夏連続出場させ、夏は8強に導いた。その後、監督を退いたものの、昨年12月に復帰。就任後間もない不祥事だった。保健体育科教諭の山本監督に不祥事の内容や指導方針などを聞いた。

――春の辞退は賭けトランプが原因と聞いています。

「春季大会の地区予選後の決勝トーナメント前日、4月18日でしたね。その日は雨が降っていて、早上がり。たまたま私が部室をのぞいたら、テーブルの上にトランプがあった。遊んだ後ならバラバラに置かれているものですが、(その日は)奇麗に整えて積み上げられていた。気になって部員を問い詰めたら、賭けていました、と」

――高野連に報告する前に辞退を決めたようですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る