滝川二高・山本真史監督が語る「高校生気質」と「指導方針」

公開日: 更新日:

 9日に出場する滝川二(兵庫)は春季大会を部員の不祥事で辞退。「賭けトランプ」「カード賭博」が原因と報じられた。指揮を執る山本真史監督(56)は同校を99年春夏連続出場させ、夏は8強に導いた。その後、監督を退いたものの、昨年12月に復帰。就任後間もない不祥事だった。保健体育科教諭の山本監督に不祥事の内容や指導方針などを聞いた。

――春の辞退は賭けトランプが原因と聞いています。

「春季大会の地区予選後の決勝トーナメント前日、4月18日でしたね。その日は雨が降っていて、早上がり。たまたま私が部室をのぞいたら、テーブルの上にトランプがあった。遊んだ後ならバラバラに置かれているものですが、(その日は)奇麗に整えて積み上げられていた。気になって部員を問い詰めたら、賭けていました、と」

――高野連に報告する前に辞退を決めたようですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  10. 9

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  11. 10

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

もっと見る