• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

滝川二高・山本真史監督が語る「高校生気質」と「指導方針」

 9日に出場する滝川二(兵庫)は春季大会を部員の不祥事で辞退。「賭けトランプ」「カード賭博」が原因と報じられた。指揮を執る山本真史監督(56)は同校を99年春夏連続出場させ、夏は8強に導いた。その後、監督を退いたものの、昨年12月に復帰。就任後間もない不祥事だった。保健体育科教諭の山本監督に不祥事の内容や指導方針などを聞いた。

――春の辞退は賭けトランプが原因と聞いています。

「春季大会の地区予選後の決勝トーナメント前日、4月18日でしたね。その日は雨が降っていて、早上がり。たまたま私が部室をのぞいたら、テーブルの上にトランプがあった。遊んだ後ならバラバラに置かれているものですが、(その日は)奇麗に整えて積み上げられていた。気になって部員を問い詰めたら、賭けていました、と」

――高野連に報告する前に辞退を決めたようですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る