試合に勝っても“地獄の階段上り” 巨人・立岡が語る鎮西時代

公開日: 更新日:

「思い出すのは本妙寺の階段上り。1段ずつ、1段飛ばし、2段飛ばしと種類がいろいろあって、これを延々とやるんです」

 こう語るのは、鎮西高校(熊本)出身の巨人の立岡宗一郎外野手(25)。熊本市内にある本妙寺には胸突雁木と呼ばれる176段の急勾配の石段がある。さらに別の場所に300段の石段も。高校野球で使用される藤崎台県営野球場のほど近くに本妙寺はあった。

「夏の大会の試合後でも(江上寛恭)監督の機嫌次第でやるかやらないか決まるんです。勝っても接戦ならまずアウト。コールド勝ちでもガンガン打たないと本妙寺行きです。だから試合の後はいつもヒヤヒヤ。このまま終わりか、グラウンドに戻って練習か、すぐ近くの本妙寺へ移動して階段上りか……。ボクは主将だったので『監督、この後はどうされるんでしょうか?』ってやたら丁寧な言葉遣いで監督の機嫌を取りながら、階段上りだけは避けるように仕向けないとチームメートに何を言われるか……。グラウンドで練習をした方がはるかにマシ。それほどきつかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る