思い出は「罰走付きフリー打撃」 ロッテ藤岡の桐生第一時代

公開日:  更新日:

「僕らの時は上下関係はそんなに厳しくなかったから、そこは良かったんですが……」

 こう話すロッテの藤岡貴裕(26)は群馬県内屈指の強豪校、桐生第一出身。06年夏の選手権では控え外野手として、07年センバツは外野手兼控え投手として甲子園に出場している。

「当時はみんなの後ろに隠れて、目立たないように怒られないようにやっていた」

 と苦笑いする藤岡が「アレが一番キツかった」と振り返るのが、大会直前のフリー打撃。「エラーすると走らされるんですよ」と、こう続ける。

「ベンチ入りメンバーとそれ以外で時間別に行うんですが、マウンドにピッチングマシンを置いて、内外野を選手が守る。シートノック? そんな形ですね。その中で打者は大体、5~6分、バッティング練習をする。その打球を誰かがエラーした瞬間に練習がストップ。『誰々がエラーしたので、グラウンド一周!』と名前を呼ばれて罰走です。しかも、走るのはその選手だけではなく、練習に参加している全員。連帯責任なんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る