混迷する巨人監督人事 “本命”由伸現役続行希望で泥沼の様相

公開日: 更新日:

「失いかけたベンチと選手の信頼関係を取り戻すのにも、『高橋由監督』は適任です。下手に年の離れた監督、コーチよりベテラン選手の方がはるかに選手には睨みが利くもの。打撃不振の村田が高橋由兼任コーチの門を叩いてすがったように、人望もある。経験不足という不安はあるものの、チームに蔓延する閉塞感を打破し、野球賭博で傷ついた巨人のイメージを回復するにはフレッシュな高橋由はうってつけ。人気面も含めて、球団が『理想』とするのは当然です。問題は本人の意向です」(球団関係者)

 巨人のV逸が濃厚になった9月末、あるアマチュア野球関係者が高橋由に電話をかけた。球界内で原監督の今季限りでの退任がウワサされ、後任に高橋由の名前が囁かれ始めた時期である。

「来年から巨人の監督をやるのか?」

 高橋由を学生時代から知るそのアマチュア関係者が単刀直入にそう聞くと、本人はすぐさまこう言ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る