プロアマ途中棄権の松山英樹 最大の敵は「ホーガンの庭」

公開日: 更新日:

 2週前のフェニックス・オープンで、米ツアー2勝目を挙げた松山英樹(世界ランク12位)。

 プレーオフでファウラー(同4位)を破っての勝利は高く評価され、直後に更新されたツアー公式サイトでは、18日から始まるノーザントラスト・オープン(カリフォルニア州リビエラCC)のパワーランキング(優勝予想番付)で、日本選手初のトップになったものの、開幕前日の17日に出場したプロアマ戦は、体調不良のため9ホールを終えたところでプレーを中止。

 18日の第1ラウンドは出場する意向というが、予選は同3位のマキロイ、同27位のクーチャーと同組。世界ランク1位のスピースも参戦するから、簡単に勝てる試合ではない。

 さらに……イチローが結婚式を挙げたことでも知られている名門のリビエラCCは、ベン・ホーガンが何度も勝ったことから、別名「ホーガンの庭」と呼ばれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る