日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロアマ途中棄権の松山英樹 最大の敵は「ホーガンの庭」

 2週前のフェニックス・オープンで、米ツアー2勝目を挙げた松山英樹(世界ランク12位)。

 プレーオフでファウラー(同4位)を破っての勝利は高く評価され、直後に更新されたツアー公式サイトでは、18日から始まるノーザントラスト・オープン(カリフォルニア州リビエラCC)のパワーランキング(優勝予想番付)で、日本選手初のトップになったものの、開幕前日の17日に出場したプロアマ戦は、体調不良のため9ホールを終えたところでプレーを中止。

 18日の第1ラウンドは出場する意向というが、予選は同3位のマキロイ、同27位のクーチャーと同組。世界ランク1位のスピースも参戦するから、簡単に勝てる試合ではない。

 さらに……イチローが結婚式を挙げたことでも知られている名門のリビエラCCは、ベン・ホーガンが何度も勝ったことから、別名「ホーガンの庭」と呼ばれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事