• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

虎ゴメスはドローンで厳重注意 “奇行助っ人”はこんなにいる

 しょうもない輩はどこにでもいるものだ。阪神のゴメス(30)が2日、甲子園球場で無人航空機「ドローン」を飛ばしたとして、球団から厳重注意を受けた。

 当初は誰が操縦しているのかわからず、上空を飛び回るドローンに選手も困惑。10分ほど阪神の練習を妨げると、右翼フェンスにぶつかって墜落した。球団が操縦者を捜したところ、まさかの助っ人だったというわけだ。

 ゴメスは球団に謝罪したものの、冗談にしても悪質だ。しかし、プロ野球の歴代助っ人と比べると、ゴメスの「奇行」はまだ可愛いものかもしれない。

 球界で伝説となっているのが、05年に巨人に在籍した右腕のミセリだ。わずか4試合、開幕1カ月も経たずにクビにされると、解雇通達を受けたその日に家族と浅草観光。週刊誌には人力車に乗って笑顔でポーズを取る写真が掲載された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る