虎ゴメスはドローンで厳重注意 “奇行助っ人”はこんなにいる

公開日: 更新日:

 しょうもない輩はどこにでもいるものだ。阪神のゴメス(30)が2日、甲子園球場で無人航空機「ドローン」を飛ばしたとして、球団から厳重注意を受けた。

 当初は誰が操縦しているのかわからず、上空を飛び回るドローンに選手も困惑。10分ほど阪神の練習を妨げると、右翼フェンスにぶつかって墜落した。球団が操縦者を捜したところ、まさかの助っ人だったというわけだ。

 ゴメスは球団に謝罪したものの、冗談にしても悪質だ。しかし、プロ野球の歴代助っ人と比べると、ゴメスの「奇行」はまだ可愛いものかもしれない。

 球界で伝説となっているのが、05年に巨人に在籍した右腕のミセリだ。わずか4試合、開幕1カ月も経たずにクビにされると、解雇通達を受けたその日に家族と浅草観光。週刊誌には人力車に乗って笑顔でポーズを取る写真が掲載された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る