虎ゴメスはドローンで厳重注意 “奇行助っ人”はこんなにいる

公開日:  更新日:

 しょうもない輩はどこにでもいるものだ。阪神のゴメス(30)が2日、甲子園球場で無人航空機「ドローン」を飛ばしたとして、球団から厳重注意を受けた。

 当初は誰が操縦しているのかわからず、上空を飛び回るドローンに選手も困惑。10分ほど阪神の練習を妨げると、右翼フェンスにぶつかって墜落した。球団が操縦者を捜したところ、まさかの助っ人だったというわけだ。

 ゴメスは球団に謝罪したものの、冗談にしても悪質だ。しかし、プロ野球の歴代助っ人と比べると、ゴメスの「奇行」はまだ可愛いものかもしれない。

 球界で伝説となっているのが、05年に巨人に在籍した右腕のミセリだ。わずか4試合、開幕1カ月も経たずにクビにされると、解雇通達を受けたその日に家族と浅草観光。週刊誌には人力車に乗って笑顔でポーズを取る写真が掲載された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る