錦織マイアミOP4回戦進出も 次戦は“大物喰い”で苦戦必至

公開日:  更新日:

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)は28日(日本時間29日)、男子シングルス3回戦を行い、第6シードで世界ランク6位の錦織圭(26)が同27シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦。6-2、6-2でストレート勝ちした。

 相手のミスもあって第1セットは3度のブレークを奪う。第2セットに入ってもドルゴポロフのプレーは安定せず、第8ゲームをストレートで制して、過去3戦3勝とカモにする格下をわずか1時間11分で退けた。

 試合後の錦織は「(自身の)ミスが少なく、相手のミスを誘うようなプレーができた。サーブも良かった」と満足そうに振り返った。「次戦に向けて自信がみなぎっている」と手応えを口にしたが、4回戦の相手は手強い。

 29日の次戦では3回戦で世界ランク9位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)との接戦を制した同18位のロベルト・バウティスタ・アグート(27=スペイン)と対戦する。錦織は過去3戦3勝と相性はいいが、2度もフルセットまで持ち込まれるなど、決して楽に勝てる相手ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る