錦織マイアミOP4回戦進出も 次戦は“大物喰い”で苦戦必至

公開日: 更新日:

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)は28日(日本時間29日)、男子シングルス3回戦を行い、第6シードで世界ランク6位の錦織圭(26)が同27シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦。6-2、6-2でストレート勝ちした。

 相手のミスもあって第1セットは3度のブレークを奪う。第2セットに入ってもドルゴポロフのプレーは安定せず、第8ゲームをストレートで制して、過去3戦3勝とカモにする格下をわずか1時間11分で退けた。

 試合後の錦織は「(自身の)ミスが少なく、相手のミスを誘うようなプレーができた。サーブも良かった」と満足そうに振り返った。「次戦に向けて自信がみなぎっている」と手応えを口にしたが、4回戦の相手は手強い。

 29日の次戦では3回戦で世界ランク9位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)との接戦を制した同18位のロベルト・バウティスタ・アグート(27=スペイン)と対戦する。錦織は過去3戦3勝と相性はいいが、2度もフルセットまで持ち込まれるなど、決して楽に勝てる相手ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る