体操新女王・村上茉愛の武器は子役で培った“強心臓”

公開日: 更新日:

 体操に新女王が誕生した。

 3日の全日本個人総合選手権で男子は内村航平(27)が9連覇を達成。女子は村上茉愛(19)が初優勝した。

 村上は跳馬で15点台をマークするなど3種目を終えて昨年の覇者である寺本明日香(19)に0.600点差で2位。最終種目の得意とするゆかで大技を決めて14.750点を挙げて逆転。4種目合計57.400点で初の栄冠を手にした。

 明星高2年で出場した13年の世界選手権(ベルギー・アントワープ)では種目別ゆかで4位入賞。国際大会で結果を残して将来を嘱望されたが、日体大進学後に持病の腰痛が悪化したこともあり、一時は体操を離れた。

 昨年の全日本選手権はゆかで11.300点で21位と惨敗。同年の世界選手権(英・グラスゴー)の代表から外れたものの、過去の実績を評価されて補欠要員に選ばれた。大会直前に故障した選手に代わって繰り上がりで出場すると個人総合では日本勢トップとなる6位入賞を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る