体操新女王・村上茉愛の武器は子役で培った“強心臓”

公開日:  更新日:

 体操に新女王が誕生した。

 3日の全日本個人総合選手権で男子は内村航平(27)が9連覇を達成。女子は村上茉愛(19)が初優勝した。

 村上は跳馬で15点台をマークするなど3種目を終えて昨年の覇者である寺本明日香(19)に0.600点差で2位。最終種目の得意とするゆかで大技を決めて14.750点を挙げて逆転。4種目合計57.400点で初の栄冠を手にした。

 明星高2年で出場した13年の世界選手権(ベルギー・アントワープ)では種目別ゆかで4位入賞。国際大会で結果を残して将来を嘱望されたが、日体大進学後に持病の腰痛が悪化したこともあり、一時は体操を離れた。

 昨年の全日本選手権はゆかで11.300点で21位と惨敗。同年の世界選手権(英・グラスゴー)の代表から外れたものの、過去の実績を評価されて補欠要員に選ばれた。大会直前に故障した選手に代わって繰り上がりで出場すると個人総合では日本勢トップとなる6位入賞を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る