実戦復帰のG阿部に「一塁案」も…投手陣が眉ひそめる理由

公開日: 更新日:

 巨人阿部慎之助(37)が二軍戦で約3週間ぶりに実戦復帰した。右肩痛と下半身のコンディション不良で開幕直前に二軍落ちしていた。

 8日のDeNA戦に「4番・DH」で先発出場。ベテランの“番長”三浦と対戦し、見逃し三振と遊飛。阿部は「それよりも投げるのが順調」と肩の回復を強調し、明るい表情だった。斎藤二軍監督は「来週末に捕手ができれば」と見通しを語った。

 昨季一塁に回っていた阿部を捕手に復帰させるのが、今季の高橋監督の目玉構想だった。指揮官はあくまで捕手としての復帰を希望しているようだが、その一方で「捕手をして休み休みなら一塁。捕手で使うなら最低100試合出場が条件」とも話している。上半身も下半身も満身創痍。それでも激務の捕手に戻すのか。それとも昨季守った一塁で起用するのか。ただ、一塁には開幕から4番を張っているギャレットがいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る