ラミDeNA今季初4連勝 中畑時代と「守備力」の差が鮮明に

公開日:  更新日:

 DeNAが強い。

 25日の中日戦に勝って今季初の4連勝。最大で11あった借金を2としたラミレス監督は「借金2というのは、1カ月前には考えにくかった」とご機嫌だった。

 順位はまだ5位。が、5月に限れば、勝率.684でリーグのダントツである。

 DeNAは昨年、前半戦を首位で折り返しながら、後半戦に大失速。結局、最下位に沈んだ。

 評論家の橋本清氏がこう言う。

「その中畑ベイスターズと今年が決定的に違うのはディフェンス力です。7月中旬まで首位にいたとはいえ、その時点でのチーム防御率は3点台後半。水物といわれる打線に頼るリスクの高い戦いぶりで、当たりが止まると同時にチームも失速した。今年は、昨年リーグワーストだったチーム防御率が、ここまで3.12と12球団でトップ。『内角を攻めない投手は使わない』というラミレス監督の方針で投手陣全体が様変わりした印象です。もうひとつ見逃せないのが守備陣。ここまで22失策はリーグ2位。リーグ4位の82失策だった昨年からこちらも大きく改善され、年間64失策ペース。投手力を含めたディフェンスが強化され、『負けないチーム』になった。セの台風の目になる可能性は十分です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る