ラミDeNA今季初4連勝 中畑時代と「守備力」の差が鮮明に

公開日:  更新日:

 DeNAが強い。

 25日の中日戦に勝って今季初の4連勝。最大で11あった借金を2としたラミレス監督は「借金2というのは、1カ月前には考えにくかった」とご機嫌だった。

 順位はまだ5位。が、5月に限れば、勝率.684でリーグのダントツである。

 DeNAは昨年、前半戦を首位で折り返しながら、後半戦に大失速。結局、最下位に沈んだ。

 評論家の橋本清氏がこう言う。

「その中畑ベイスターズと今年が決定的に違うのはディフェンス力です。7月中旬まで首位にいたとはいえ、その時点でのチーム防御率は3点台後半。水物といわれる打線に頼るリスクの高い戦いぶりで、当たりが止まると同時にチームも失速した。今年は、昨年リーグワーストだったチーム防御率が、ここまで3.12と12球団でトップ。『内角を攻めない投手は使わない』というラミレス監督の方針で投手陣全体が様変わりした印象です。もうひとつ見逃せないのが守備陣。ここまで22失策はリーグ2位。リーグ4位の82失策だった昨年からこちらも大きく改善され、年間64失策ペース。投手力を含めたディフェンスが強化され、『負けないチーム』になった。セの台風の目になる可能性は十分です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る