• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪狙うパク・ソンヒョン 猛攻の66で通算8アンダー

【全米女子オープン】

 これが日本人プロとの違いなのか。ここぞという場面で底力を発揮する韓国勢のことである。

 初日、8アンダーで単独首位に立ったのはイ・ミリム(25)。そして2日目は、2アンダー11位タイで発進したパク・ソンヒョン(22)が7バーディー、1ボギーの66で回り、通算8アンダーまでスコアを伸ばした。

 パクは現在、韓国ツアー賞金ランクトップに立ち、今大会は初出場。この日もドライビングディスタンス285・2ヤードをマークした飛ばし屋だ。

 韓国人女子は、日本以上にリオ五輪の代表争いが熾烈だ。世界ランク15位までに7人もいるため、上位4人まで出場権が与えられる。韓国勢トップの朴仁妃(27)がケガのため、出場辞退が濃厚となり、5番手までチャンスが巡ってくる。優勝すれば100ポイントが加算される今大会の結果次第では8番手(WR18位)のパクも五輪出場に手が届く。だから死にもの狂いなのだ。

 韓国勢がスコアボード上位に名を連ねる展開になったが、リオ五輪本番も韓国勢がメダル独占ということになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る