リオ五輪狙うパク・ソンヒョン 猛攻の66で通算8アンダー

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 これが日本人プロとの違いなのか。ここぞという場面で底力を発揮する韓国勢のことである。

 初日、8アンダーで単独首位に立ったのはイ・ミリム(25)。そして2日目は、2アンダー11位タイで発進したパク・ソンヒョン(22)が7バーディー、1ボギーの66で回り、通算8アンダーまでスコアを伸ばした。

 パクは現在、韓国ツアー賞金ランクトップに立ち、今大会は初出場。この日もドライビングディスタンス285・2ヤードをマークした飛ばし屋だ。

 韓国人女子は、日本以上にリオ五輪の代表争いが熾烈だ。世界ランク15位までに7人もいるため、上位4人まで出場権が与えられる。韓国勢トップの朴仁妃(27)がケガのため、出場辞退が濃厚となり、5番手までチャンスが巡ってくる。優勝すれば100ポイントが加算される今大会の結果次第では8番手(WR18位)のパクも五輪出場に手が届く。だから死にもの狂いなのだ。

 韓国勢がスコアボード上位に名を連ねる展開になったが、リオ五輪本番も韓国勢がメダル独占ということになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る