• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下克上狙うベイ秘策 先発モスコーソでカープ1~3番封じ

 シーズン1位の広島と同3位のDeNAによるCSファイナルステージ。両チームの対戦成績は広島の13勝12敗とほぼ互角。巨人を倒した勢いで「下克上」を狙うDeNAの先発は、初戦がモスコーソ、2戦目は三嶋が予想される。

 モスコーソは今季、13試合で5勝7敗、防御率5.18、三嶋も4試合で1勝1敗、防御率3.75と平凡な成績に終わったが、2人は広島の田中、菊池、丸の「1、2、3番」トリオに対し相性がいいのが特徴だ(モスコーソ=計14打数無安打、三嶋=18打数1安打)。

 リーグ一の破壊力を持つ広島打線は、上位に座る3人が出塁し、新井、鈴木、エルドレッドがかえすというのが得点パターン。DeNAは田中、菊池、丸の3人を塁に出さないことが勝利の条件となるだけに、モスコーソと三嶋の先発起用は理にかなっているといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事