活躍若手が年俸微増…阪神は契約更改も“広島式”で超変革

公開日:  更新日:

 18日、阪神の若手が契約更改。今季、72試合で7本塁打を放った2年目の江越(23)が100万円増の1700万円、64試合出場で打率.266、4本塁打を放ち、後半戦はスタメン起用されることが多かった中谷(23)が500万円増の1200万円、今季2本塁打の陽川(25)が100万円増の900万円でそれぞれサインした。

 前日は新人ながら4勝を挙げた青柳(22)が480万円増の1200万円で更改。かつて、秋山が高卒1年目の10年に4勝を挙げて600万円から倍増(1200万円)をゲットしたように、若手でも厚遇を得られた阪神としては少々シブい。

 これは金本監督の意向も加味されているようだ。阪神は人気球団であるがゆえ、若手は1年でも活躍したら周囲からチヤホヤされる傾向がある。高級車のハンドルを握る二軍選手も少なくない。ハングリー精神が芽生えづらい環境といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る