実績では金本監督に匹敵 MVP受賞の新井に“広島監督”の目

公開日:

「今年一年、まさか、まさかと言われ、最後にまさかこの賞をいただけるとは考えてもなかった。取らせてもらった賞なので、ガッツポーズはできません」

 最年長でセ・リーグMVPに輝いた広島の新井貴浩(39)は、マイクの前で謙虚にこう言った。

 古巣に戻って2年目の今季は、132試合に出場し、打率.300、19本塁打、101打点の堂々たる成績で25年ぶりの優勝に貢献した。一部には、引退を表明した黒田(24試合、10勝8敗、防御率3.09)を推す声もあったようだが、新井のMVP獲得に異論を唱えるものはいないだろう。

 新井はこの「勲章」を手にしたことで、尊敬する金本監督にほぼ肩を並べたといえる。

 新井は05年に広島で43本塁打を記録して初タイトルを獲得すると、07年オフにFA移籍した阪神でも打点王(93)になった。今季は4月に2000安打も達成。広島優勝の立役者の一人となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る