日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大田、大累、村田…日ハムで“元G選手”がレギュラー争い

「これだけいい選手を何で出したのか? そりゃ巨人だから仕方ないよ」

 こう話すのは、あるパ球団のスコアラーだ。

 14日、日本ハムの紅白戦で、「元巨人」の選手たちが投打にわたって活躍した。

 昨年4月、乾とのトレードで加入した大累進(26)は紅組の「9番・三塁」で出場。安打を放ったうえ、守備でもみせた。初回、三塁線の深い打球を倒れ込みながらさばくと、その場で一塁へ鋭い送球、間一髪でアウトにした。次打者のボテボテの三ゴロに対しては猛チャージで反応、ランニングスローで打者走者を仕留めた。

 昨年11月に吉川、石川とのトレードで大田泰示(26)と共に日本ハムに移籍した公文克彦(24)は白組の3番手で登板。野手の失策で一、二塁のピンチを迎えるも、後続を断って無失点で切り抜けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事