8位タイでV圏内浮上の松山 荒涼リンクス攻略は天候次第

公開日:  更新日:

【アイルランドオープン】

 フィールドで世界ランクが2位と最も高い選手が初出場の松山英樹(25)だ。2週間後に迫った今季メジャー3戦目の全英オープンへの調整を兼ねて出場。リンクス特有の天候やラフなど雰囲気に慣れておく必要があったからだ。

 松山にとって初めてプレーするコースだが、マネジメントはしっかり対応できてパーオン率94.4%とショット精度は高く、2日連続の6バーディー(2ボギー)を奪った。

 通算9アンダーまでスコアを伸ばして8位タイで決勝に進出し、トップとは4打差。

 また63位タイ発進の谷原秀人(38)は7バーディー、ノーボギーの65で回り、松山と同じ8位タイまで上昇した。

 本場のリンクスといえば1日に四季があるといわれるほど、目まぐるしく変わる過酷な天候と強風が選手を苦しめることでよく知られている。しかし今大会は初日から好スコアが続出して、トップは13アンダーまで伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る