8位タイでV圏内浮上の松山 荒涼リンクス攻略は天候次第

公開日: 更新日:

【アイルランドオープン】

 フィールドで世界ランクが2位と最も高い選手が初出場の松山英樹(25)だ。2週間後に迫った今季メジャー3戦目の全英オープンへの調整を兼ねて出場。リンクス特有の天候やラフなど雰囲気に慣れておく必要があったからだ。

 松山にとって初めてプレーするコースだが、マネジメントはしっかり対応できてパーオン率94.4%とショット精度は高く、2日連続の6バーディー(2ボギー)を奪った。

 通算9アンダーまでスコアを伸ばして8位タイで決勝に進出し、トップとは4打差。

 また63位タイ発進の谷原秀人(38)は7バーディー、ノーボギーの65で回り、松山と同じ8位タイまで上昇した。

 本場のリンクスといえば1日に四季があるといわれるほど、目まぐるしく変わる過酷な天候と強風が選手を苦しめることでよく知られている。しかし今大会は初日から好スコアが続出して、トップは13アンダーまで伸ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る