• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球団20年ぶりルーキー10勝 DeNA浜口の新人王争いはCS次第

 4日に行われたDeNAの今季最終戦。ドラフト1位左腕の浜口遥大(22=神奈川大)が中日相手に7回1失点の好投で、97年の川村以来、20年ぶりとなる2ケタ10勝(6敗)をマークした。

 外れの外れ1位で入団し、角度のあるボールを武器に勝ちを重ねた浜口は、新人王レースで逆転する可能性も出てきた。

 新人王の投票は新聞、テレビの記者によって行われる。これまで「当確」といわれたのは中日ドラフト2位の京田陽太(23=日大)。遊撃レギュラーとして大きな故障なく、139試合に出場し、打率・268、4本塁打、36打点、23盗塁をマークしている。

 浜口は10勝したものの、7月には故障で1カ月離脱。投票権を持つスポーツ紙の記者のひとりは、「トータルの成績を考慮すれば、京田が有利」と言うが、在京キー局の担当記者は「基本的にはシーズンの成績で判断しますが、5位に終わった中日の京田よりも、3位でCS進出に貢献した浜口の方が数字としては価値がある。投票時期は例年10月下旬ごろ。浜口がCSで活躍すれば、担当記者の印象はさらに良くなるはずです」。

 浜口はこの日、京田を3打数無安打に封じ、対戦成績は9打数1安打と圧倒した。京田について「意識はする。同世代には負けたくない」と話していた「ハマの浜ちゃん」は、CSでさらなるポイント加算ができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る