球団20年ぶりルーキー10勝 DeNA浜口の新人王争いはCS次第

公開日:

 4日に行われたDeNAの今季最終戦。ドラフト1位左腕の浜口遥大(22=神奈川大)が中日相手に7回1失点の好投で、97年の川村以来、20年ぶりとなる2ケタ10勝(6敗)をマークした。

 外れの外れ1位で入団し、角度のあるボールを武器に勝ちを重ねた浜口は、新人王レースで逆転する可能性も出てきた。

 新人王の投票は新聞、テレビの記者によって行われる。これまで「当確」といわれたのは中日ドラフト2位の京田陽太(23=日大)。遊撃レギュラーとして大きな故障なく、139試合に出場し、打率・268、4本塁打、36打点、23盗塁をマークしている。

 浜口は10勝したものの、7月には故障で1カ月離脱。投票権を持つスポーツ紙の記者のひとりは、「トータルの成績を考慮すれば、京田が有利」と言うが、在京キー局の担当記者は「基本的にはシーズンの成績で判断しますが、5位に終わった中日の京田よりも、3位でCS進出に貢献した浜口の方が数字としては価値がある。投票時期は例年10月下旬ごろ。浜口がCSで活躍すれば、担当記者の印象はさらに良くなるはずです」。

 浜口はこの日、京田を3打数無安打に封じ、対戦成績は9打数1安打と圧倒した。京田について「意識はする。同世代には負けたくない」と話していた「ハマの浜ちゃん」は、CSでさらなるポイント加算ができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る