加藤健
著者のコラム一覧
加藤健新潟アルビレックスBC 球団社長補佐

1981年3月23日、新潟県生まれ。ソフトバンク松坂と同学年の「松坂世代」のひとり。新発田農3年の春夏甲子園に主将で出場。98年ドラフト3位で巨人に入団。2008年の日本シリーズでは5試合に出場。17年目の15年にキャリアハイの35試合に出場。16年限りで引退。現在は独立リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)の「球団社長補佐」として活動する。

阿部さんを抜くイメージ持てず正捕手以外の生き方考えた

公開日:  更新日:

 昨年限りで引退した加藤氏は、18年もの現役生活を送りながら、規定打席に到達したシーズンは一度もなかった。球界を代表する捕手・阿部慎之助の陰で、レギュラーを目指しながらも、チームのための控え捕手でいることに価値を見いだした加藤氏に、今回は巨人の捕手問題を聞いた。

 ――巨人は先のドラフトで社会人を2人指名するなど来季は捕手が9人もいる。

「ドラフトで指名したのは育成も入れて4人? 全員捕手として? その中にはプロ入り後は野手として見ている選手がいるかもしれませんが、一番は(正捕手候補の)小林の尻を叩くことだと思います」

 ――自身も超高校級捕手としてドラフト3位で入団した。

「ボクが入った時も村田真一さん(現ヘッド兼バッテリーコーチ)を筆頭に捕手は9人いました。初めての春のキャンプの夜は、ホテルのロビーで先輩のレガーズについた土をつまようじを使って落として磨いていました。プロでもやるのかと驚きましたね。ボクが上になったら、自分のレガーズは自分で磨こうと思いました。今は自然となくなりましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る