32人が全員集合 北朝鮮の平昌五輪選手団が韓国入り

公開日:  更新日:

 居酒屋談議はますます盛り上がりそうだ。

 9日開幕の平昌五輪に参加する北朝鮮の選手10人を含む選手団32人が1日、韓国に入った。1月に韓国入りしている女子アイスホッケー選手12人を加え、22人全員が揃った。

 選手たちは江陵の選手村に入る予定だが、韓国では北朝鮮選手の参加が決まってから「選手や応援団から亡命者は出ないのか?」「韓国選手に負けたら強制労働が待っているという噂は本当か?」「選手村に入ったら食堂から出てこないんじゃないか?」などと、メダル争いより、そんな話で賑わっているとか。

 ちなみに、北朝鮮選手が出場する競技は、フィギュアスケートのペア、スピードスケート・ショートトラック男子(2人)、アルペンスキー3人(男2、女1)、クロスカントリー(距離)3人(男2、女1)、アイスホッケー女子12人だ。いずれもメダルの可能性はほとんどないが、韓国人の興味は同胞の成績ではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る