• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍J初の中日・田島 東京五輪“変則投手枠”に早くも名乗り

 中日の守護神・田島慎二(28)が20日、3月3、4日にオーストラリア代表と対戦する侍ジャパンのメンバーに選出された。

 日の丸は人生初だそうで、「夢見ていた。いつかは選ばれたいと思っていた」とうれしそう。同じ抑えにはDeNAの山崎康晃(25)がいるが、「(自分は)下っ端の下っ端の下っ端。レベルの高い選手たちから一つでも吸収してチームに戻ってきたい」と喜んだ。

 これまでのWBCでは、国際大会で有効といわれる横手投げや下手投げの変則投手がメンバーに入っている。昨年のWBCでは牧田、秋吉。かつてはサブマリンの渡辺が活躍した。

「その牧田は、パドレスへ移籍。メジャーリーガーの五輪参加は、まずない。今回は秋吉も選ばれていない。同じく初選出の楽天・高梨が左のサイドスローでさらに変則。初めて選ばれたこの2人が、侍ジャパン定着を狙って火花を散らすことになりそうです」(球界関係者)

 場所はナゴヤドーム。田島は「生まれ育った場所で(代表の)ユニホームが着られる。投げさせてもらいたい」と意気込んだ。2年後の東京五輪へ、抑えうんぬんより、「変則投手枠」をガッチリ確保したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る