侍J初の中日・田島 東京五輪“変則投手枠”に早くも名乗り

公開日:

 中日の守護神・田島慎二(28)が20日、3月3、4日にオーストラリア代表と対戦する侍ジャパンのメンバーに選出された。

 日の丸は人生初だそうで、「夢見ていた。いつかは選ばれたいと思っていた」とうれしそう。同じ抑えにはDeNAの山崎康晃(25)がいるが、「(自分は)下っ端の下っ端の下っ端。レベルの高い選手たちから一つでも吸収してチームに戻ってきたい」と喜んだ。

 これまでのWBCでは、国際大会で有効といわれる横手投げや下手投げの変則投手がメンバーに入っている。昨年のWBCでは牧田、秋吉。かつてはサブマリンの渡辺が活躍した。

「その牧田は、パドレスへ移籍。メジャーリーガーの五輪参加は、まずない。今回は秋吉も選ばれていない。同じく初選出の楽天・高梨が左のサイドスローでさらに変則。初めて選ばれたこの2人が、侍ジャパン定着を狙って火花を散らすことになりそうです」(球界関係者)

 場所はナゴヤドーム。田島は「生まれ育った場所で(代表の)ユニホームが着られる。投げさせてもらいたい」と意気込んだ。2年後の東京五輪へ、抑えうんぬんより、「変則投手枠」をガッチリ確保したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る