武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみに何もできない日本テニス協会に未来はあるか

公開日: 更新日:

 大坂はおっとりした性格で、練習にはお父さんの助けが必要と打ち明けていたから、うってつけの人事だった。

■あっという間の日本離れ

 大坂の父はハイチ系米国人、母は日本人。日本で生まれて3歳でニューヨークに移った。二重国籍だが、現実的には米国人と言っていいだろう。登録を日本にしたのは、頭角を現した2年前の日米争奪戦で、一家が日本協会を選んだのだ。待遇面はともかく、日本は選手層が薄くフェド杯などの代表になれたからだ。

 大坂をゲットして張り切った日本協会は、ナショナルコーチ扱いでデービッド・テイラーというコーチを招いた。全米優勝のサマンサ・ストーサーを育てたが、ストーサーと大坂はまったく別のタイプで、この人事が機能しなかった。いつの間にかコーチはサーシャに代わり、テイラーは勝手にエレナ・オスタペンコとコーチ契約……。大坂は2月のフェド杯をパスし、4月のプレーオフにも出る気配はない。記者会見でも日本語は話さなくなったなど、あっという間の日本離れである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る