高木美帆の切望 政府が設置検討の冬季NTCは本当に必要か

公開日:  更新日:

 平昌五輪でのメダルラッシュをいいことに、スポーツ関連予算がさらに膨れ上がりそうだ。

 林芳正文科相は27日の閣議後の会見で、JOC(日本オリンピック委員会)などが要望する冬季競技のナショナルトレーニングセンター(NTC)の設置について、「関係団体、選手、指導者からより具体的な要望内容を聞きながら、財源確保も含めて、効果的、効率的な(強化)拠点のあり方について検討したい」と話した。

 冬季NTCを巡っては、平昌五輪女子スピードスケートでメダル3個を獲得した高木美帆(23)が、25日の自民党大会で安倍首相に設立を訴えたばかり。金メダリストの要望に林文科相は理解を示したわけだが、果たして冬季NTCは本当に必要なのか。

 東京・北区に集約施設がある夏季競技とは異なり、冬季競技の練習施設は国内に分散。フィギュアスケートは中京大のリンク、スピードスケートは長野・エムウェーブなどがJOCの強化拠点施設に指定されている。各競技とも十分な練習、トレーニングは可能で、新たに冬季競技のための施設を新設する必要性は感じられないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る