• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高木美帆の切望 政府が設置検討の冬季NTCは本当に必要か

 平昌五輪でのメダルラッシュをいいことに、スポーツ関連予算がさらに膨れ上がりそうだ。

 林芳正文科相は27日の閣議後の会見で、JOC(日本オリンピック委員会)などが要望する冬季競技のナショナルトレーニングセンター(NTC)の設置について、「関係団体、選手、指導者からより具体的な要望内容を聞きながら、財源確保も含めて、効果的、効率的な(強化)拠点のあり方について検討したい」と話した。

 冬季NTCを巡っては、平昌五輪女子スピードスケートでメダル3個を獲得した高木美帆(23)が、25日の自民党大会で安倍首相に設立を訴えたばかり。金メダリストの要望に林文科相は理解を示したわけだが、果たして冬季NTCは本当に必要なのか。

 東京・北区に集約施設がある夏季競技とは異なり、冬季競技の練習施設は国内に分散。フィギュアスケートは中京大のリンク、スピードスケートは長野・エムウェーブなどがJOCの強化拠点施設に指定されている。各競技とも十分な練習、トレーニングは可能で、新たに冬季競技のための施設を新設する必要性は感じられないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事