高木美帆の切望 政府が設置検討の冬季NTCは本当に必要か

公開日:  更新日:

 平昌五輪でのメダルラッシュをいいことに、スポーツ関連予算がさらに膨れ上がりそうだ。

 林芳正文科相は27日の閣議後の会見で、JOC(日本オリンピック委員会)などが要望する冬季競技のナショナルトレーニングセンター(NTC)の設置について、「関係団体、選手、指導者からより具体的な要望内容を聞きながら、財源確保も含めて、効果的、効率的な(強化)拠点のあり方について検討したい」と話した。

 冬季NTCを巡っては、平昌五輪女子スピードスケートでメダル3個を獲得した高木美帆(23)が、25日の自民党大会で安倍首相に設立を訴えたばかり。金メダリストの要望に林文科相は理解を示したわけだが、果たして冬季NTCは本当に必要なのか。

 東京・北区に集約施設がある夏季競技とは異なり、冬季競技の練習施設は国内に分散。フィギュアスケートは中京大のリンク、スピードスケートは長野・エムウェーブなどがJOCの強化拠点施設に指定されている。各競技とも十分な練習、トレーニングは可能で、新たに冬季競技のための施設を新設する必要性は感じられないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る