• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高木美帆の切望 政府が設置検討の冬季NTCは本当に必要か

 平昌五輪でのメダルラッシュをいいことに、スポーツ関連予算がさらに膨れ上がりそうだ。

 林芳正文科相は27日の閣議後の会見で、JOC(日本オリンピック委員会)などが要望する冬季競技のナショナルトレーニングセンター(NTC)の設置について、「関係団体、選手、指導者からより具体的な要望内容を聞きながら、財源確保も含めて、効果的、効率的な(強化)拠点のあり方について検討したい」と話した。

 冬季NTCを巡っては、平昌五輪女子スピードスケートでメダル3個を獲得した高木美帆(23)が、25日の自民党大会で安倍首相に設立を訴えたばかり。金メダリストの要望に林文科相は理解を示したわけだが、果たして冬季NTCは本当に必要なのか。

 東京・北区に集約施設がある夏季競技とは異なり、冬季競技の練習施設は国内に分散。フィギュアスケートは中京大のリンク、スピードスケートは長野・エムウェーブなどがJOCの強化拠点施設に指定されている。各競技とも十分な練習、トレーニングは可能で、新たに冬季競技のための施設を新設する必要性は感じられないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る