大学体育会の部員が監督の理不尽な要求を受け入れる裏側

公開日:

 例えば甲子園常連校の監督にとって、選手集めに有効なのは「出口」の面倒を見ることだという。

 東京六大学に推薦枠がある、東都なら後輩が監督をしているので顔が利くといった言葉に、選手や親御さんたちはコロッといくそうだ。

 彼らは甲子園に出られるというだけでは満足しない。有名大学やプロなど、卒業後の面倒を見てもらうことが何より重要になる。

 だからこそ強豪校の監督は日頃から、大学関係者とのコネクション強化に余念がない。部員の指導はコーチに任せ、大学関係者の接待で多忙な監督も中にはいる。

「出口」がポイントになるのは中学から高校、高校から大学、大学から社会人も一緒だ。中でもスポーツで身を立てたい大学生にとって、就職先は今後の長い人生を考えても大問題。大企業に顔の利く監督の存在は絶対的なものになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る