• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西野監督“退任”の真相 JFA田嶋会長のライバル心と女性問題

 田嶋会長は2016年3月に「JFA初の会長選挙」の結果、第14代会長となった。対立候補だった原JFA専務理事(当時)は田嶋会長から「理事への2階級降格」を告げられて激怒。すぐにJFAを辞めてJリーグの副チェアマンに就任。現在もJFA会長への色気はタップリである。

「西野監督と原副チェアマンは、早稲田大サッカー部OB同士。実務能力の高い原、人気者の西野がコンビを組んで政敵となれば、これほど厄介な相手もいない。ヘタをすると寝首をかかれかねないということで西野監督の続投を阻んだという説です」(前出の関係者)

 西野監督自身にも「続投を難しくした理由があった」と某JFA関係者が声を潜めて言う。

「16年の3月にJFA技術委員会の委員長に就任し、JFAビルに出入りするようになると女性問題が心配された。とにかくモテる人ですからね。やっかみもあって、既婚者の職員だったり、別カテゴリー代表の女性スタッフだったり、シャレにならない人物の名前をウワサ話として広げる人間がいましたから」

 そんなこんなで「速やかにお引き取りを」となったというのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る