• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激震ボクシング連盟 辞任の山根会長は「刑事告発」の危機

「2010年のことですが、翌年の会長選挙を巡って、ある理事が当時の副会長に『次の選挙は山根氏に賛成するように』と迫り、暴行を加えたそうです。副会長は有力候補だったので、山根派の理事に目を付けられたとみられています。グローブの販売については、代金の振込先が山根会長の孫名義の口座でした。いぶかしむ声はいまだにやみません」(メディア関係者)

「再興する会」の指摘が全て事実なら、横領や暴行・傷害、背任に問われる可能性がある。

 さらに、再興する会は「告発第2弾」を公表する方針だ。会長自身の「恫喝録音テープ」など、より決定的な“物証”を出すとみられている。

■悪質さによっては強制捜査も

 この先、山根会長に捜査の手が伸びる可能性はあるのか。


 元東京地検検事の落合洋司弁護士はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る