苦手G打線を翻弄 “ハマの宇宙人”DeNA井納が持つ特権

公開日:

 22日、DeNAの井納が巨人戦に先発し、7回3安打無四球無失点で4勝目。「攻めの投球で乗り切れた」と、前回7回5失点と炎上した苦手な巨人打線を翻弄した。

 五回、亀井の一ゴロをさばいたロペスの送球がそれ、井納は懸命に足を伸ばしてベースカバー。お立ち台で「やっと脚の長いのが生きたかなと思います」と言ってファンを沸かせた。

 天然発言の多さから「ハマの宇宙人」といわれる井納は今季、中継ぎと先発を行ったり来たり。ファームでは7月にノーヒットノーランを達成するも、一軍では結果を残せずにいた。そんな自分の成績を棚に上げる部分もあるという。

「良くも悪くも素直な性格。思ったことをすぐ口にする。浜口、今永、東……次々に出てくる後輩に対する嫉妬心も隠そうとしない。『あいつはメンタルが課題』とか、まるで評論家のように言うこともある。それが絶対的エースなら周りも納得するけど、今年の成績じゃあ……。でも、何を言っても『井納だから』で片付けられるのは、彼の特権でもある」(DeNA関係者)

 再び5位に浮上したDeNA。不思議キャラがベンチの雰囲気を変える?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る