苦手G打線を翻弄 “ハマの宇宙人”DeNA井納が持つ特権

公開日:

 22日、DeNAの井納が巨人戦に先発し、7回3安打無四球無失点で4勝目。「攻めの投球で乗り切れた」と、前回7回5失点と炎上した苦手な巨人打線を翻弄した。

 五回、亀井の一ゴロをさばいたロペスの送球がそれ、井納は懸命に足を伸ばしてベースカバー。お立ち台で「やっと脚の長いのが生きたかなと思います」と言ってファンを沸かせた。

 天然発言の多さから「ハマの宇宙人」といわれる井納は今季、中継ぎと先発を行ったり来たり。ファームでは7月にノーヒットノーランを達成するも、一軍では結果を残せずにいた。そんな自分の成績を棚に上げる部分もあるという。

「良くも悪くも素直な性格。思ったことをすぐ口にする。浜口、今永、東……次々に出てくる後輩に対する嫉妬心も隠そうとしない。『あいつはメンタルが課題』とか、まるで評論家のように言うこともある。それが絶対的エースなら周りも納得するけど、今年の成績じゃあ……。でも、何を言っても『井納だから』で片付けられるのは、彼の特権でもある」(DeNA関係者)

 再び5位に浮上したDeNA。不思議キャラがベンチの雰囲気を変える?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る