• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

苦手G打線を翻弄 “ハマの宇宙人”DeNA井納が持つ特権

 22日、DeNAの井納が巨人戦に先発し、7回3安打無四球無失点で4勝目。「攻めの投球で乗り切れた」と、前回7回5失点と炎上した苦手な巨人打線を翻弄した。

 五回、亀井の一ゴロをさばいたロペスの送球がそれ、井納は懸命に足を伸ばしてベースカバー。お立ち台で「やっと脚の長いのが生きたかなと思います」と言ってファンを沸かせた。

 天然発言の多さから「ハマの宇宙人」といわれる井納は今季、中継ぎと先発を行ったり来たり。ファームでは7月にノーヒットノーランを達成するも、一軍では結果を残せずにいた。そんな自分の成績を棚に上げる部分もあるという。

「良くも悪くも素直な性格。思ったことをすぐ口にする。浜口、今永、東……次々に出てくる後輩に対する嫉妬心も隠そうとしない。『あいつはメンタルが課題』とか、まるで評論家のように言うこともある。それが絶対的エースなら周りも納得するけど、今年の成績じゃあ……。でも、何を言っても『井納だから』で片付けられるのは、彼の特権でもある」(DeNA関係者)

 再び5位に浮上したDeNA。不思議キャラがベンチの雰囲気を変える?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る