ベイの“正妻”伊藤を狙っていた中日が獲得しなかったワケ

公開日:

 セ・リーグの最下位争い第2ラウンドは、5位DeNAが6位中日を1点差で振り切った。

 この日、DeNAでスタメンマスクをかぶった伊藤光(29)は今月9日、トレードでオリックスから移籍。16日の球宴明け初戦から先発出場を続けている。20日の阪神戦では移籍後初本塁打を放つなど、打撃ではいいところを見せているが、マスクをかぶってからの8試合は3勝5敗で48失点。大量失点は捕手だけの責任ではないものの、「そもそもがリードが光る捕手ではない。打撃以外は多くは望めない」(OB)との声もある。

 実は昨年、伊藤の獲得を検討していたのが対戦相手の中日だった。中日OBが言う。

「谷繁前監督が長く正捕手として君臨していたこともあって、中日は正捕手がなかなか育たなかった。森監督には、オリックスからトレードで伊藤を取り、松井雅らと併用する腹案もあった。ところが、伊藤が在籍していた時のオリックスは、ほとんどBクラス。勝ち方を知らないチームの捕手を取ってもプラスにはならないという意見もあったようで、再考の結果、オフに日本ハムからFA宣言した大野を取った。大野は古巣でリーグ優勝3回。日本シリーズに3度出て、16年の日本一にも貢献している。打撃は伊藤に劣るが、ディフェンス面の評価は高いですから」

 今季も残り55試合前後となった両チーム。最下位争いとともに、伊藤と大野の「技量」の差にも注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る