錦織&大坂は共にセンターコート 全米OP準々決勝は酷暑も敵

公開日: 更新日:

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)のシングルスでそろってベスト8進出を果たした錦織圭(28)と大坂なおみ(20)。

 5日(日本時間6日)の準々決勝は、ともに日中に行われる「デーセッション」に組み込まれ、酷暑でのプレーを強いられることになった。

 錦織、大坂ともセンターコートでの一戦。

 大坂は現地時間5日12時(日本時間6日1時)から、世界36位のレシア・ツレンコ(29=ウクライナ)と対戦する。

 一方の錦織は、大坂の試合後、第7シードのマリン・チリッチ(29=クロアチア)との顔合わせだ。今大会、気温は40度近くにまで達し、コートでの体感気温は40度超という日も珍しくない。元世界1位のジョコビッチら熱中症とみられる症状を訴える選手が続出しているほどだ。

 錦織、大坂とも、体調管理が勝敗を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る