錦織&大坂は共にセンターコート 全米OP準々決勝は酷暑も敵

公開日:

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)のシングルスでそろってベスト8進出を果たした錦織圭(28)と大坂なおみ(20)。

 5日(日本時間6日)の準々決勝は、ともに日中に行われる「デーセッション」に組み込まれ、酷暑でのプレーを強いられることになった。

 錦織、大坂ともセンターコートでの一戦。

 大坂は現地時間5日12時(日本時間6日1時)から、世界36位のレシア・ツレンコ(29=ウクライナ)と対戦する。

 一方の錦織は、大坂の試合後、第7シードのマリン・チリッチ(29=クロアチア)との顔合わせだ。今大会、気温は40度近くにまで達し、コートでの体感気温は40度超という日も珍しくない。元世界1位のジョコビッチら熱中症とみられる症状を訴える選手が続出しているほどだ。

 錦織、大坂とも、体調管理が勝敗を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る