• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織&大坂は共にセンターコート 全米OP準々決勝は酷暑も敵

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)のシングルスでそろってベスト8進出を果たした錦織圭(28)と大坂なおみ(20)。

 5日(日本時間6日)の準々決勝は、ともに日中に行われる「デーセッション」に組み込まれ、酷暑でのプレーを強いられることになった。

 錦織、大坂ともセンターコートでの一戦。

 大坂は現地時間5日12時(日本時間6日1時)から、世界36位のレシア・ツレンコ(29=ウクライナ)と対戦する。

 一方の錦織は、大坂の試合後、第7シードのマリン・チリッチ(29=クロアチア)との顔合わせだ。今大会、気温は40度近くにまで達し、コートでの体感気温は40度超という日も珍しくない。元世界1位のジョコビッチら熱中症とみられる症状を訴える選手が続出しているほどだ。

 錦織、大坂とも、体調管理が勝敗を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る