新たに靱帯損傷の大谷に肘の権威断言「手術焦る必要ない」

公開日:

■「痛み抱えながら本塁打は信じがたい」

 今季、二刀流起用が絶望的となってしまったソーシア監督は「今回投げられなくなってしまったことが、非常に残念だ。医療スタッフの助言を聞きながら進んでいく。この先を考えたら、いろいろとやらないといけないことがある」と手術は避けられないとの見通しを示した。

 TJ手術を受けた場合、復帰までに投手なら1年以上、打者であれば半年を要する。いずれにしても長期離脱を強いられるだけに、大谷、球団とも慎重な姿勢を崩さないのは当然のことではある。

 来季開幕から、打者先行で復帰するために、今すぐにでもメスを入れる選択肢もあるとはいえ、肘の専門医は大谷が早々と手術に踏み切ることに懐疑的だ。

「肘に痛みを抱えながら、2本も本塁打を放つなんて信じがたいことです」とは、慶友病院(群馬・館林市)でスポーツ医学センター長を務め、プロから小学生まで幅広い年代を診察する古島弘三医学博士。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る