新たに靱帯損傷の大谷に肘の権威断言「手術焦る必要ない」

公開日:

「MRI検査の画像を見ていませんし、大谷選手の右肘を診察したわけではないので、断定はできませんが、手術を決断するのは時期尚早だと思います。復帰登板(2日のアストロズ戦)した際、右肘に痛みがあって降板したのであれば、手術の必要性が生じるかもしれません。仮に投球で痛みがあるのであれば、打撃でも患部に痛みが伴うはずです。打撃に支障がなく、DHとして出場できるのであれば、今季の残り試合に出場しながら患部の状態を確認して、様子を見るべきではないでしょうか」

■「米国の医師は結論を急ぎすぎ」

 メジャーではこれまで100人以上の投手がTJ手術を受けている。日本人投手も例外ではなく、レッドソックス・松坂(現中日)、カブス・ダルビッシュ有を筆頭に、海を渡った投手は6人も肘にメスを入れた。いずれも長期間にわたるリハビリを経て、メジャーのマウンドに復帰したが、手術前の球威に戻ったのはダルぐらいなものだ。通常、靱帯を再建した投手は術後のリハビリ、下半身や体幹を強化することで、故障する前と比べて球威が増すとされるが、松坂のように大半の投手は満足にパフォーマンスを発揮しきれないケースが少なくないのだ。ダルにしても、靱帯損傷ではないものの、右肘の「ストレス反応と肉離れ」で8月下旬に今季を終えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る