白井健三が個人総合銅も 体操は東京五輪団体連覇に黄信号

公開日:

 5日(日本時間6日)の体操世界選手権(カナダ・モントリオール)男子個人総合決勝で白井健三(21)が銅メダルを獲得。初めて出場した個人総合で表彰台に立ち、負傷で棄権した絶対王者の内村航平(28)に代わって最低限の結果を残した。

 2020年東京五輪では日本勢による表彰台独占を期待する声も上がっているが、団体での連覇は危うい。

 東京五輪から団体の出場人数が従来の5人から4人に削減。エントリーメンバーも制限され、これまでのように種目ごとのスペシャリストでチームを編成するより、6種目をまんべんなくこなすオールラウンダーを揃えた方が有利になる。

 今大会の個人総合は肖若騰(86.933点)、林超攀(86.448点)の中国勢が高得点でワンツーフィニッシュ。揃って高得点をマークしており、肖の得点は今季の国際大会の最高得点だ。東京五輪を見据え、早々とオールラウンダーの育成に着手した中国の戦略が実ったようだ。

 現状、世界レベルのオールラウンダーが白井だけではライバルの中国に覇権を奪われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る