オリFA西ダンマリの謎…「トークイベント」と関係あり?

公開日: 更新日:

 決断の時はいつになるのか。

 オリックス西勇輝(28)が11月7日に国内FA権を行使してからほぼ1カ月が経過した。

 オリックスは宣言残留を認める方針で、阪神ソフトバンク、DeNAが獲得に名乗りを上げ、すでに複数回に及ぶ交渉を終えているとみられる。

 今オフ、FA宣言した5選手のうち、丸佳浩広島巨人)や浅村栄斗西武楽天)ら4人はすでに進路が決定している一方、西だけはダンマリを決め込んでいる。

 5日も、大阪市内で自身が契約する用具メーカー・SSKと打ち合わせを行ったが、集まった報道陣に「しゃべってもいいことがない」と話し、決断の時期についても言葉を濁した。

 11月25日に行われたオリックス主催のファンイベントでは、別れを惜しむかのように複数のチームメートとユニホーム姿で集合写真を撮影。その数日後には一部スポーツ紙が「阪神入り決定」と報じたが、本人は自身のブログで「現時点で決定していることは何一つありません。(中略)僕の中で答えを出し、決断することができれば、しっかりとした形で記事でもブログでもご報告させていただきたいと思います」と、即座にこれを否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る