国別対抗戦SP首位 紀平梨花の闘争心育てた幼少期の原体験

公開日: 更新日:

 11日、今季のフィギュアシーズンを締めくくる世界国別対抗戦が開幕。女子ショートプログラム(SP)に登場した紀平梨花(16)は冒頭、代名詞のトリプルアクセル(3A)を成功させ、自身が持つ世界最高得点を更新する83.97点で首位に立った。

「点数が高すぎてびっくり。これまでの試合で一番良い3Aだった」

 今大会が終われば「オフシーズン」に入るが、紀平が見据えるのは2022年の北京五輪。「もう後戻りできない」と悲壮な覚悟をもっている。あと3年間、モチベーションを保つカギを握るのは、周囲を取り巻くライバルの「質」だ。

 紀平は自他共に認める負けず嫌い。その礎になったのは幼少期の原体験だった。姉の背中を追ってスケートを始めると、姉の方が上手だと言われることに悔しさを覚え、追いつけ、追い越せと猛練習に励んだ。通っていた広田幼稚園では友人同士、計算ドリルでの足し算、引き算、百マス計算、読み書き問題を競い合った。そこに楽しみながら学ぶ雰囲気はなく、あったのは友人より少しでも早く、正しい答えにたどり着きたいという欲だった。そうやって紀平の闘争心と向上心は育まれた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか