国別対抗戦SP首位 紀平梨花の闘争心育てた幼少期の原体験

公開日: 更新日:

 11日、今季のフィギュアシーズンを締めくくる世界国別対抗戦が開幕。女子ショートプログラム(SP)に登場した紀平梨花(16)は冒頭、代名詞のトリプルアクセル(3A)を成功させ、自身が持つ世界最高得点を更新する83.97点で首位に立った。

「点数が高すぎてびっくり。これまでの試合で一番良い3Aだった」

 今大会が終われば「オフシーズン」に入るが、紀平が見据えるのは2022年の北京五輪。「もう後戻りできない」と悲壮な覚悟をもっている。あと3年間、モチベーションを保つカギを握るのは、周囲を取り巻くライバルの「質」だ。

 紀平は自他共に認める負けず嫌い。その礎になったのは幼少期の原体験だった。姉の背中を追ってスケートを始めると、姉の方が上手だと言われることに悔しさを覚え、追いつけ、追い越せと猛練習に励んだ。通っていた広田幼稚園では友人同士、計算ドリルでの足し算、引き算、百マス計算、読み書き問題を競い合った。そこに楽しみながら学ぶ雰囲気はなく、あったのは友人より少しでも早く、正しい答えにたどり着きたいという欲だった。そうやって紀平の闘争心と向上心は育まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る