西武・森“捕手で54年ぶり首位打者”への課題をコーチが語る

公開日: 更新日:

「チーム防御率を見れば、森はまだまだ……となるでしょうね。でも、確実に成長していますよ。リード面でも、投手の良いところを引き出そうと頑張っている。昨季までは炭谷(現巨人)もいたので、誰が誰の専属捕手みたいな面もあったが、今季は森がほとんどひとりで引っ張っていますから。大事なのは、森が何を考えているか。例えば、『この場面でホームランを打たれたのはなぜか』といったことを、自分の口から説明させている。それに対して、僕はあまり注意はしない。森が『じゃあ、どうすればよかったのか』と考えることが大事なんです」

 秋元コーチはさらに続ける。

「野球選手はバットでポジションを取る選手、守備で奪う選手がいる。森の打撃はトップレベルの技術がある。守備の負担でその技術を曇らせちゃいけないが、どうせなら捕手でも一流になってほしい」

 この日は九回の守備でワンバウンドを止めに行き右手親指に投球を当てて途中交代するアクシデントがあった。本人は「状態? わかんないっす」と話したものの、辻監督は「病院? ないやろ」と言った。今は欠場が許される立場ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る