久保建英が古巣バルサ蹴ってレアル入り選んだ“本当の理由”

公開日: 更新日:

■衝撃的なニュース

 久保サイドにしてみたら、古巣のバルサの出してきた条件が「何度交渉しても『絶対に変更はない』の一点張り」(前出の関係者)だったことに加え、100%許容できない話を聞かされたことも久保の“バルサ離れ”を加速させたという。あるサッカー関係者が、声を潜めながらこう言った。

「バルサの胸スポンサーはRakuten。言うまでもなく三木谷会長兼社長率いる楽天のことだが、17―18年シーズンから4年契約・総額65億円というビッグなスポンサー契約なので、バルサの契約選手の動向について楽天の三木谷会長兼社長は、かなり口を挟める立場にある。久保サイドが恐れたのは、バルサBでプレーする2年間、目立ったパフォーマンスを発揮できなかった場合、楽天がオーナーのJリーグ神戸に<レンタル移籍させられる>ことです。欧州志向の強い久保にとって、Jクラブへのレンタル移籍だけは絶対に避けたい。しかし、バルサと契約すれば、どうしても神戸へのレンタル移籍が現実味を帯びてしまう。今回の移籍先の選択肢の中から、バルサは早い段階で消えていたのです」

 衝撃的ニュースだった久保のレアル入り。その背後では、さまざまなことが起きていたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  7. 7

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  8. 8

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

もっと見る