小杉陽太
著者のコラム一覧
小杉陽太実業家・元DeNA投手

1985年、東京都出身。二松学舎高から亜大に進むも、3年の進級直前で退学。バイト生活を送りながら母校の二松学舎で練習を再開。JR東日本に入り、2008年のドラフト5位で横浜(現DeNA)入団。主に中継ぎとして登板し、通算6勝9敗、防御率5・04。二軍暮らしが続いた17年オフに戦力外となり、1カ月後に株式会社l’unique(リュニック)を設立。今年4月からは岡山のブライダル事業に参画する。6月に初のビジネス書「僕たちのLIFEシフト『戦力外通告』をプラスに変えた転職の思考」(徳間書店)を上梓。

プロ野球選手が引退後に進路で頭を抱える理由と環境

公開日: 更新日:

 戦力外通告の際、球団職員への打診もあったという小杉社長。それを蹴ったのは、あるこだわりがあったからだ。

 現役引退後、野球と同じくらい夢中になれることを探していました。球団職員の話をいただいて、選んでいただいたことはうれしかった。地域振興に携わる部署で、野球スクールのアカデミーのコーチとして野球教室をまわったり、イベントを企画運営したりする仕事でした。

 でも、野球は「もういいかな」と。もちろん、給料はそっちの方がいいし、安定している。でもやりたいことじゃなかった。野球塾や講演を仕事にするんじゃなく、これまでとは違う畑でやりたかった。だからお断りさせていただきました。ありがたかったけど、その後の生活が変わらないなと。結局、野球から離れられないまま依存してしまうなという思いもあったのです。

 引退後の就職で苦労するという話も聞きますが、やろうと思えばできるでしょ、と思います。プロ野球選手だったというプライドが変に捨てきれない、野球の世界が自分にとって居心地が良くてやりやすい、というのもあると思う。もちろん、もともと引退後は野球の仕事に就きたかったという人はいいけど、なんとなくやることが見つからずにそこを選ぶというのはやめた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る