東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

公開日: 更新日:

 陸連にとっては、予想外の結果だったのではないか。

 20年東京五輪のマラソン代表を決める男子のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ=15日)は、中村匠吾(27)が2時間11分28秒で優勝。2位の服部勇馬(25)までが代表に決まった。日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(28)は、残り3キロのスパートについていけず3位に終わり、ファイナルチャレンジ3レースの結果待ちとなった。

■中村、服部は本番で表彰台に上がれるのか

 レースを観戦したソウル五輪マラソン代表の新宅雅也氏(SDコーポレーション所属)は、中村の勝因についてこう言う。

「中村は仕掛けるとか、先頭に立つとか、無駄な動きを一切しなかった。ゴールまで残り3キロになってロングスパートをかけ、『4強』といわれていた大迫、服部を振り切った。無名といわれる中村だが、昨年9月のベルリンでも4位に入った実力者。その半年前のびわ湖毎日では、20度近い気温に湿度も約70%と暑い中、2時間10分51秒(日本勢1位の全体7位)でただひとり、MGCの出場権を得た。暑い中でのレースに自信を持っていたことも、精神的に有利だった。フィニッシュ時は29度近い気温の中、中村に8秒遅れの服部の粘りも大したものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  4. 4

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る