東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

公開日: 更新日:

 陸連にとっては、予想外の結果だったのではないか。

 20年東京五輪マラソン代表を決める男子のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ=15日)は、中村匠吾(27)が2時間11分28秒で優勝。2位の服部勇馬(25)までが代表に決まった。日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(28)は、残り3キロのスパートについていけず3位に終わり、ファイナルチャレンジ3レースの結果待ちとなった。

■中村、服部は本番で表彰台に上がれるのか

 レースを観戦したソウル五輪マラソン代表の新宅雅也氏(SDコーポレーション所属)は、中村の勝因についてこう言う。

「中村は仕掛けるとか、先頭に立つとか、無駄な動きを一切しなかった。ゴールまで残り3キロになってロングスパートをかけ、『4強』といわれていた大迫、服部を振り切った。無名といわれる中村だが、昨年9月のベルリンでも4位に入った実力者。その半年前のびわ湖毎日では、20度近い気温に湿度も約70%と暑い中、2時間10分51秒(日本勢1位の全体7位)でただひとり、MGCの出場権を得た。暑い中でのレースに自信を持っていたことも、精神的に有利だった。フィニッシュ時は29度近い気温の中、中村に8秒遅れの服部の粘りも大したものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る