ヤクルト一筋47年 八重樫幸雄さん退団後は子供たちを指導

公開日: 更新日:

 プロ野球のレギュラーシーズン、セ最下位が決まったヤクルト。リーグワーストタイの16連敗を喫するなど、ファンには残念な状況だ。そんなヤクルトだが、1980~90年代、オープンスタンスの独特なバッティングフォームでヒットを量産し、チームを盛り上げた名捕手がいた。八重樫幸雄さん(68)だ。メガネ姿も印象的だった八重樫さん、今どうしているのか。

 ◇  ◇  ◇

「投打が噛み合っていない。問題は先発ピッチャーの数かな。毎年、投手を取っているのにケガ人が多いし。こういうときは、コーチが救世主を見つけて、監督が使い続けるといいんですけどね」

 JR新橋駅から徒歩3分の“知り合いの店”という居酒屋「舟蔵」で会った八重樫さん、今季のヤクルトについて、こうぼやいた。93年に引退し、コーチや二軍監督、スカウトを経て3年前に退団したが、やはり野球の話となると力が入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る