いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

仏代表ファンの「ガリアの雄鶏」と「ラ・マルセイエーズ」

公開日: 更新日:

 今大会で最もコスプレ率が高そうなのが、フランス代表を応援する人たちだ。皇帝ナポレオンに三銃士、雄鶏、ベレー帽にスーパーマリオなども試合会場で見掛けた。

 毎度モチーフには事欠かない。国際大会の装いは「お国丸出し」のベタな方が断然、楽しめる。 場合によっては、タダでビールにありつくことだってある。もちろんピッチ上ではスペクタクルな真剣勝負が繰り広げられているのだが、客席やファンゾーン、駅や町中に刺激と彩りを与えてくれる彼らの存在には感謝している。なぜなら、見ただけで3倍くらいは楽しくなれるのだから。

「雄鶏」のかぶり物が多いのには理由がある。

 フランス代表の青いジャージーには、雄鶏のマークが付いている。

 これはフランスラグビー協会のエンブレムで国鳥でもあり、国のシンボルとされる「ガリアの雄鶏(le coq gaulois)」からきたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る