ラグビーW杯8強で終焉…いま明かされる“桜の勇者”の全内幕

公開日: 更新日:

実はメディア泣かせだったジェイミー流

 日本代表は報道陣との関係が良くなかった時期がある。

 報道陣が取材時間が短いことに対して改善を求める一方、協会も一部の記者に対し、「選手を呼び捨てにするなど、取材態度に選手が不快感を抱いている」とクレームをつけたことがあった。

「昨年9月の和歌山合宿で、ジェイミーは協会、選手たちとメディア対応について話し合った。ブラウンコーチとタッグを組んでいたNZハイランダーズHC時代から、情報漏れに対して厳しかった。起用、人事など戦術に関わる話についてはかなりピリピリしていたし、これまでメディアに戦術を語ったこともないはずです」(スポーツライター)

 ジョセフHCはあまり表に出たがらない性格で、大会期間中はもちろん、合宿中も一切、メディアの単独取材を受けていないという。

「攻め勝ちたいか、守り勝ちたいか」というザックリとした質問に対しても答えない徹底ぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る