平野と石川に暗雲…卓球五輪代表選考に「3人目の女」浮上

公開日: 更新日:

 卓球の東京五輪代表を巡る戦いは、熾烈を極めている。伊藤美誠(19=世界ランク7位)と張本智和(16=同5位)にはすでに当確ランプがともり、残るシングルス枠は男女とも1つとなった。

 特に女子は大激戦だ。五輪代表は「2020年1月時点で有効な世界ランクポイント(P)」で決まる。現在、伊藤が13510Pで大差のトップ。10295Pの平野美宇(19=同10位)と10230の石川佳純(26=同8位)は接戦だ(すべてオーストリアOP終了時点)。

 4位の加藤美優(20=同21位)は7545Pと大きく離され、事実上、2枠目は平野と石川の一騎打ち。シングルスの世界ランクは団体戦のシード順に影響するため、なるべく世界ランク上位選手を選びたい。順当にいけば3人目はシングルス代表から漏れた石川か平野になるわけだが、選考方法は単純に「世界ランクの上から3人」ではなく、「代表2人とのダブルスの相性などを考慮して強化本部で推薦」とされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る