ヤンキースが史上最高額提示 FAの目玉右腕コールに330億円

公開日: 更新日:

 田中将大の所属するヤンキースが、FAの目玉右腕に史上最高額を提示したという。

 今オフ、アストロズからFAとなっているゲリット・コール(29)に、総額3億ドル(約330億円)規模の条件でオファーしたという。複数の米メディアが10日(日本時間11日)に伝えている。

 今季20勝(5敗)をマークしたコールを巡っては、水面下で複数球団による争奪戦に発展。ヤンキースは現在、カリフォルニア州サンディエゴで行われているウインターミーティングで、コールの代理人であるスコット・ボラス氏に、条件提示をしたとみられる。

 9日(同10日)には、もう一人の目玉右腕のストラスバーグがナショナルズと、投手史上最高額となる7年約270億円で再契約したばかり。今オフは大型契約が続出しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る